FC2ブログ
熊本県山鹿市平小城では、村おこしの一環として春・秋・冬に、平山温泉+体験ツアーを開催しています。どうぞ、お越し下さい。
平小城だより NO.28 発行しました。
不定期発行ではありますが、『平小城だより』28号を発行いたしました。

No.28表
No.28裏

2010.08.01 Sun 00:00:00 | 平小城だより| 0 track backs, 0 comments
『平小城だより』20号を発行。
15日付けで『平小城だより』20号を発行、平小城地域の各家庭に配布いたしました。
news.jpg
          平小城だより
※上記 [ 『平小城』元気の輪 ] 内URLより閲覧ください。
               


ブログランキングに参加しています。ポチッと一押しお願いします。
ヨロシク( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆
2008.07.15 Tue 22:21:40 | 平小城だより| 0 track backs, 0 comments
祝賀会を行いました。
2日、「豊かな村づくり」九州大会での『農林水産大臣賞』受賞記念の祝賀会がJA平小城の2Fにおいて行われました。
受賞の喜びも一入で、これも地域住民の皆様の御理解と県地域復興局を始め山鹿市・JA鹿本様等、関係諸機関のご支援のお陰と嬉しい限りです。
祝賀会にご出席頂きました皆様の喜びの様子です。

syukuga001.jpg

syukuga02.jpg syukuga03.jpg syukuga04.jpg syukuga05.jpg syukuga06.jpg syukuga07.jpg syukuga08.jpg syukuga09.jpg syukuga10.jpg syukuga11.jpg syukuga12.jpg syukuga13.jpg
本来ならば、ご協力頂きました皆様一方一方をご紹介したい所ですが、編集の都合上ご了承下さい。
次回の農林水産祭に向けて頑張りますので皆様の応援を宜しくお願いいたします。


ブログランキングに参加しています。ポチッと一押しお願いします。
ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク
2007.11.03 Sat 17:14:07 | 平小城だより| 0 track backs, 0 comments
平小城だより No.15
平小城だよりNo.15は こちら↓で見れま~す ー(・・ヽ)

http://www.hiraogi-genki.net/page9.html


平小城活性化協議会HP
http://www.hiraogi-genki.net/


平山温泉観光協会HP
http://www.hirayama-onsen.jp/





ブログランキングに参加しています。ポチッと一押しお願いします。
よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ
2007.08.21 Tue 15:51:12 | 平小城だより| 0 track backs, 0 comments
平小城だより No.14
湯の里市が移転しました

7月10日、湯の里市が、Aコープ平小城の跡に移転しました。
これは、Aコープが統廃合で閉店したため、買い物が不便になり、特にお年寄りなど交通弱者の方にとっては深刻な問題が起きてきた事と、長いこと地域の寄り何処であった支所を地域のふれあいの場として利活用して欲しいなどの、要望を受けてのことです。
現在の商品だけでなく、日常生活用品も揃えて行くそうです。みんなで守り育てて行きましょう。


☆7月21日22日、創業5周年記念感謝祭を行います。

新会長の眞崎です

校区の皆様方には協議会の活動にご理解とご協力を賜り深く感謝致しております。
 発足して5年目、人が動けばその波動で人がまた動きます。「元気な校区として生き残るためには何かしなければならないと」絶えず設立の原点と情熱を忘れず一歩一歩前へ進む事が第一ではないかと思います。
今、暫く組織を見守って下さい。そして、古里の素晴らしさに気付き再発見しようではありませんか。「泉質の良さで日本一の平山温泉」があります。このお湯につかると、何ともいえないやすらぎを感じませんか。
「緑豊かな自然環境に恵まれた農業」があります。田植えが終わった今、緑一色の美しさに気付きませんか。
「いにしえの温もりを今に伝える史跡」など、地域資源に恵まれている郷土に誇りを持ちましょう。
これからも、活性化協議会は5年先、10年先を夢見て走り続けます。
色いろご批判もあると思い
ますが、「地域づくりは人づくり」であり「一点突破で元気農業」をさらに押し進めて行きましょう。
お互いに「譲りあいながら・助けあいながら・支えあいながら」相敬愛し、校区全体の和を大切にしましょう。この平小城に「生まれて良かった・育ててもらって良かった」と子どもたちから言われるように、水と環境を守りながら、そんな優しい、住みやすい地域となることを願い、明るく豊かな地域として校区の活性化につなげて行きたいと思います。



豊かな村づくりの現地調査がありました

7月4日、「豊かなむらづくり」の現地調査が行われました。朝から大雨でしたが、調査が始まった頃から晴れ、ほっとしました。
審査委員6名と関係機関合わせて20名に、協議会スタッフ約20名が対応。
湯の里市、観光協会、菜の花会で現状や活動の様子などを説明した後、歩いて湯山橋方面から薬師堂へ行き、平小城の歴史や、菜の花米の紹介をして、野菜の圃場を案内しました。
見学の後は、JA平小城支所の2階で質疑応答がありました。
年間30万人以上が訪れている温泉なのに、観光地化されず自然がいっぱい残っている景観に感激されていました。平小城の魅力を十分伝えることが出来たでしょうか?結果は7月中旬以降に発表されます。
なお、現地調査にあたり、草刈や清掃など多くの方にご協力頂きまして、誠にありがとうございました。深く御礼申し上げます


田んぼの学校(食育の一環として)

DSCF28850001.jpg
6月25日、菜の花米生産者組合のみなさんと一緒に、小学校5年生の児童たちは田植えを行ないました。植え方の説明を受けた後、田んぼのヌルッとした感触を味わいながら、初めての体験を楽しんでいました。お米は、ふれあい祭りの時の餅投げに使われます。

ユニバーサルデザインの視点から考えた統一サイン

(簡単に言うと看板です)の検討


平成18年度、県のユニバーサルデザイン(UD)推進地域になり、UDアドバイザーを招いたワークショップなどを3回行いました。現在、開発に伴い色いろな看板が校区内に建てられています。
地域の統一感や景観のことを考えると『ある程度の統一をした方が良いのではないか。観光客が増えているが地名の案内板が無く、分かりにくいのではないか。地元にとっては、区名や小字名のサインを作ることによって、地域の一体感が生まれ、自分たちの住んでいる地域を改めて見直すきっかけになるのではないか』と、言った意見が数多く出ました。
このような問題を解決するため、平小城のイメージに合ったサイン作りに、取り組んでいくことにしました。サインを作るにあたり、皆様のお知恵を拝借したり色いろと、お世話になったりすると思います。ご協力をよろしくお願い致します。


ココです
 
DSCF30040001.jpg
「ひらやま菜の花生産者組合」のみなさんが、菜の花米を栽培している主な場所にサインを立てました.
九州米サミットで最優秀賞を2度も受賞したことが大きな自信につながり、今年は全国大会への出場を目指し、より美味しいお米つくりに意欲を燃やしておられます。


ホタル再生プロジェクト 県立大学の報告から

6月3日熊本県立大学から、河川の調査結果報告がありました。小群の井川の側、内野の入口、河川公園の側の3カ所を調べました。
水質が一番良かったのは小群の井川の側でしたが、地形的に生育環境が揃っているのは河川公園側でした。このような結果を念頭に置き検討を行っていく予定です


水質調査を行います

今年も 7月27日午前9時30分より、小学校5年生の児童と一緒に水質調査を行います。
ご協力の程、お願い申し上げます。



環境づくり基金へのご協力ありがとうございました

回覧板でお願いしました、菜の花油や、ひまわり油、化粧水、ジェルなどの販売に際し、たくさんのご注文を頂きましてありがとうございました。
お陰さまで約8万円の基金が出来ました。みなさまの温かいお志は、花いっぱい運動などの地域環境づくりに、大切に使わせて頂きます。今後ともご協力よろしくお願い申しあげます。


みんなでTVを観よう

PICT0021.jpg
RKK・TV「週刊山崎君」で平小城活性化協議会が紹介されることになりました。26日木曜日午後7時から1時間放映されます。みなさ~ん!観て下さいね。

ホームページがリニューアルしました

平小城内での活動や、お知らせなど、色いろなことを紹介していきます。ご意見・ご要望をお待ちしています。

ホームページ http://hiraogi-genki.net

2007.07.14 Sat 00:00:00 | 平小城だより| 0 track backs, 0 comments
平小城だより No.10 が出来ました
ホタルの復活を目指して行動開始!
DSCF02990001.jpg DSCF15360001.jpg
活性化協議会・県立大学・富士電機システムズがタイアップした、環境を守る取り組みが始まりました。

11月3日、県立大教授2名、大学生15名、平小城小学校 生物クラブ7名と参加したい児童2名、先生2名、山鹿市職員2名、平小城活化性協議会の役員並びに校区ボランティア12名、総勢42名で、3ヵ所に分かれて河川の水質検査を行いました。

今後、今まで活性化協議会が行っていた、水質検査結果と合わせて検討を行う予定です

白い彼岸花

内野の田中正行さんのたんぼに植えられた、白い彼岸花が見事に咲きました。熊日新聞でも報道され、多くの方が訪れていました。

摂南大学工学部教授 田中直人氏 による

「まちづくりのUD(ユニバーサルデザイン)」 講 演 会
DSCF02880001.jpg
11月1日午後7時から平小城支所2階において講演会が開催されました。
最初の講演会でしたので、まずUDとは何なのか?から分かりやすく説明して頂きました。
 UD(ユニバーサルデザイン)は単に高齢者や障害者対策ではなく、一人一人を大切にする発想です。みんなが安全・快適になる事を目指し、一人歩きのできる環境整備、来街者による環境整備状況診断などです。来街者への整備は、ここで生活している私たちにとっても便利なことなのです。
大切なのは「五感を生かして、地域の個性を出した、ふるさとづくりを目指すこと」と田中先生。
 平小城に合ったUDを考えて頂くために、講演に先立ち先生を、午後2時から5時まで、校区内の案内をして回りました。
今年度中に、あと2回の勉強会が予定されていますので、ぜひ参加して下さい。

11月5日ひまわりの刈り取りを行いました。
P1013657.jpg P1013608.jpg▲ 老人会の皆様には、ただ、ただ、感謝です
P1013631.jpg
多くの方々にお手伝いいただき誠にありがとうございました。
11月5日と、12日菜種の種を蒔きました。綺麗に咲いてくれるかな!
尚、レンゲの種が余っています。使用される方はJA平小城支所まで御連絡下さい。

第3回「街道筋の景観資源を考える会」

が開催されました。

平小城活化性協議会からは4人が参加。午前の部はバスで国道325号沿線を走り→菊鹿町中心→鞠智城跡を見学→来民商店街を歩き→豊前街道も歩き→平山温泉へ(湯山公民館で昼食)。

午後からは市役所で4班に分かれ意見交換の後、班ごとに発表がありました。
建物、看板などについて各班とも意見が活発に飛び出し、山鹿の良い所、悪い所を把握できたように思います。


九州米サミットで菜の花米(高木和茂さん)

最優秀賞を受賞!


12月3日山鹿市の水辺プラザで九州米サミットが開催されました。全九州から厳選された無農薬20品目・減農薬30品目のお米の品評会です。寒空の下、外で50品目お米(のみ)を食べまして色、つや、香り、ねばり、食感、味といった項目を5段階評価で審査していきます。

菜の花生産者組合の高木和茂さんが作られた「菜の花米」が見事!減農薬部門で最優秀賞に輝きました。

今まで、堆肥と菜の花を鋤き込んでいましたが、今年は米ぬかも鋤き込みました。お米の中に含まれる「たんぱく質」の管理も必要で、米ぬかに含まれたマグネシウムが、土を通じてお米の中に含まれるとさらに味が良くなります。安全で安心なお米を!どこにも負けないお米作りで、毎年レベルアップを目指しています。

菜の花米の試食会
P1013896.jpg
11月29日正午時~湯山公民館において「菜の花米」の試食会が開催されました。

菜の花米生産者組合、平山温泉観光協会の皆さんと、地域振興局から2名参加され、菜の花米と鹿本米の新米を炊き比べました。
炊き上がって、蓋を開けた瞬間「菜の花米」がピカッ!と光って、美味しそうな匂いに包まれました。
検査の方法は化学肥料のみを使って栽培された米を基準にして
① 外観(ご飯つぶ表面の光沢)
② 香り(新米特有の良い香り)
③ 味(旨みや甘み)
④ 粘り(ネバネバ、モチモチ感)
⑤ 硬さ(ゴワつき感)
⑥ 総合評価(総合的な美味しさ)などが評価されます。
食べ比べの後で活発な意見が交わされ、化学肥料のみを使って栽培された米よりも「菜の花米」の方が美味しいことが確認されました。
梅雨時期を越えるとお米の味が落ちるそうですが、今は一定の低温で保管されています。観光協会組合の中には、お客様に安心で安全なお米を提供できるので、価格の問題はないとおっしゃられる方もいました。


景観を考える

山鹿市民ワークショップに参加


20061208205311.jpg
12月7日午後5時30分~八千代座において「第5回 市民ワークショップまとめ発表会」が開催されました。

第1回~4回までのワークショップのまとめを各回の参加者が発表。平小城活化性協議会からは、事務局長の吉岡さんが第3回の発表を行いました。

また、山鹿市内の屋外広告物について調査を行った崇城大学の学生の皆さんが、来民・豊前街道・平山温泉の看板について発表し、山鹿市民が協働して景観づくりに取り組んでいく目標や具体的な活動について、活発な意見が交わされました。  


ふるさと情報局スペシャル番組で

「冬のあったか体験ツアー」を紹介しました

DSCF16500001.jpg
熊本朝日放送で、12月1日午後5時20分頃放映され、来年2月に開催される「冬の体験ツアー」の紹介をしました。
その後、問い合わせもあっているそうです。

ひまわりの種を取りました
P1013920.jpg
12月10日午前9時より、JA平小城支所倉庫内に干してあった、ひまわりの種が乾燥したので、種取りを行いました。
初めての事なので、竹で叩いたり、粗い網の目にゴシゴシとこすりつけたりと、原始的な方法で種を落とし、さらにブルーシートの上に広げて干しました。美味しいサンフラワーオイルが出来ますようにっ。
その後、鬼天神の畑に移動。菜の花のがびっしり出過ぎて、根腐れを起こし始めているので間引きを行いました。無事、生育しますようにっ。

7日のTVニッポン旅×旅ショーの中で、平山温泉が紹介されました。
その中で菜の花米も紹介されましたが、ご覧になられましたか。


ブログランキングに参加しています。ポチッと一押しお願いします。
(^-^)/ ヨロシクネ☆★☆@
2006.12.12 Tue 17:13:06 | 平小城だより| 0 track backs, 0 comments
平小城だより No.9
熊本県立大

富士電機システム株式会社

平小城活性化協議会

一緒に活動する事になりました!



南関に富士電機システムズという太陽電池を作る工場が進出する時、熊本県から県が目指す「美しい熊本」の実現に向けて「企業に貢献をしてもらう」という条件が出されました。

富士電機は「環境を守るために活動をしている団体を支援する」という返答で県と富士電機の話がまとまりました。

県は、環境問題に取り組んでいる団体を富士電機に、平小城活性化協議会を始め、いくつかの団体が紹介したそうです。

7月6日、第1回の平小城視察訪問があり、富士電機システムズとその持ち株会社である富士電機ホールディングス、熊本県立大学(熊本県立大学は、富士電機と環境を守る活動を一緒に行ってゆくという協定を結んでいます)、県庁関係者、山鹿市関係者が訪問されました。当日は、平小城活性化協議会の活動概要を説明するとともに、平小城の素晴らしい里山や史跡を案内しました。

8月16日、第2回目の訪問があり、お互いの意見交換を行い「平小城活性化協議会と一緒に活動をしたい」との申し入れがありました。難しいことや、私たちに負担が掛かりすぎる事は出来ないので、最初は「きれいな水環境を守る」「ホタルの復活」ということから始めてはどうだろうかとの提案がありました。

9月4日協議会の役員会を開き、平小城が良くなって行く事を願い、富士電機の申し入れを受けることにしました。

10月6日、第3回目の訪問があり、県立大学が平小城の水環境を調べるため、学生たちと現地調査を行うということが決まりました。

県立大の先生・学生さんたちが、時々平小城に来られて川で水を採取したり、生物を調べたりされる姿が見かけられるようになります。
皆さま方のご協力とご理解をお願い致します。


★豊かなむらづくりで県代表に!目指せ 日本一!


農林水産省と日本農林漁業振興会の共催による、むらづくり優良事例表彰対象平成19年度熊本県代表に、平小城活性協議会が選ばれ、約1年後に開催される大会に出場します。

今までの活動が高く評価されたもので、皆様のご協力によるものと深く感謝いたします。

これまで以上に「むらづくり」を頑張っていこうと思います。

これからもひまわりの刈り取り、菜の花の種まき、菜種の収穫など、多くの皆さまのご参加、ご協力をお願い致します。


(校区からのお知らせ)

平成19年度から農地・水・環境保全対策が始まります


 今、全国の集落で高齢化や混住化が進行し、農地や農業用水などの資源を守る「まとまり」が弱まっています。

「自分たちの住んでいる地域の環境は自分たちで守ろう」という農林水産省の事業が平成19年度から5年間の予定で始まります。

「農地・水・・」と言われると、非農家には関係がないように思われるかもしれませんが、この事業は農家・非農家(例えば、地域住民・PTA・消防団など)が一緒になって自分たちの住んでいる地域を守ってゆこうということです。

交付金も出ますし、具体的には現在行われている区役や奉仕作業の延長と考えていただければよいかと思います。
 

平小城のパンフレット作りをしています。

 熊本県が行っている、ボランティア団体等の非営利団体と行政が、連携していく協働事業のモデルづくりのための、提案公募型の委託事業「パートナーシップ創造事業」の補助金が平小城活性化協議会におりることになりました。

皆さま方のご協力で得られた環境づくり基金などと、この補助金で平小城の紹介パンフレット(観光パンフレットではなく、平小城のことを広く紹介し、小中学校の授業などでも利用できるようなもの)を作ります。

いろ色な方に協力依頼をするかと思います。よろしくお願いいたします。


九州で現在第3位の人気ブログです。 と書いていましたが

地域情報 九州ランキング 今、第2位に浮上しました。


皆さまのクリックのお陰です。☆。:.゜感謝ヽ(´∀`)ノ .:。☆゜。
これからも、ず~~~~~~~っと よろしくお願い申しあげます。


ブログランキングに参加しています。ポチッと一押しお願いします。
あなたの一押しが、ランキングアップにつながります。(∩´∀`@)⊃ よろしくぅ~

2006.10.27 Fri 20:20:18 | 平小城だより| 0 track backs, 2 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill