FC2ブログ
熊本県山鹿市平小城では、村おこしの一環として春・秋・冬に、平山温泉+体験ツアーを開催しています。どうぞ、お越し下さい。
平小城活性化協議会会議
「UD(ユニバーサルデザイン)

推進事業内容の説明並びに取り組みについて」


2006年6月27日午後7時30分より、JA平小城支所2階会議室において「UD(ユニバーサルデザイン)推進事業内容の説明並びに取り組みについて」熊本県土木部建築課アートポリスUD班の方と、山鹿市建設都市計画課から説明がありました。
P1010497.jpg

平小城校区全域はUD(ユニバーサルデザイン)推進地区になりました。
ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪

ユニバーサルデザインと聞けば、福祉関係を思ってしまいませんか?
UDとは誰もが暮らしやすく、豊かな町を目指す考え方です。
思いやりのある町づくりと言った方が解りやすいでしょうか?
例えば、サイン(看板)の色やデザイン、心の方の優しさや
思いやりも含まれてくるそうです。
これから、UDという考え方を学ぶソフト事業の支援を受けることになりました。
協議会、環境部会、農業部会、観光部会、広報などの各関係者約40名が集まり、
県や市の説明を熱心に聞き、多くの質問もあり、有意義な会議が開催されました。

平小城は♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!と思いませんか!?
平山温泉の観光地としてだけではなくて、平小城全体で取り組んで行きたいと
思っています。ヨロシクね♪ヽ(*⌒o⌒)人(⌒-⌒*)v ♪



ブログランキングに参加しています。
パチッ☆-(^ー'*)bナルホド、良い事とだ!と思われた方は、
ポチッと一押しお願いします。
2006.06.27 Tue 21:14:04 | 環境| 0 track backs, 0 comments
平小城だより No.7
菜種の収穫を行いました!
景観作物として黄色一面の花を咲かせていた、菜の花に種が実ったので5月30日から6月1日にかけて収穫。軽トラックにブルーシートを敷き、刈り取られた束を足で踏み種を外します。ふるいにかけて殻を取り除いた後、湯山の公民館広場でとうみに2~3度掛けると、小さな粒の種はピカピカ光っていてまるで黒いダイヤのよう。
多くの皆さんの協力の下、200kgもの収穫がありました。
P1010378.jpg
原始的ですが(*^。^*)足で踏んで種を殻から外しています。お天気が良かったので、チョット触れただけでも種が弾き出します。
P1010381.jpg
こ~んなに広い所です。

トウミに掛ける前に篩(ふるい)に掛けています。P1010405.jpg
日日と場所を替えての作業です。今日も踏んで種を外しています。
P1010417.jpg

これはトウミという機械です。手で回して風を起こし、軽い種の殻は吹き飛ばされて種が落ちていく仕組みになっています。歳を重ねた方には懐かしい風景でしょうね。

平小城では菜の花は循環作物として活用しています。花が咲き終わる頃、水田に鋤き込むのは菜の花米に。油用は製油所で絞られて菜種油になり、絞り糟は肥料になります。天ぷら油として使った後の廃油から石鹸を作っています。このように無駄の無い地球に優しい循環型社会を目指しています。
また、菜の花油は湯の里市で販売され、活性協議会の資金になりますので、ご協力をよろしくお願いします。

NHKひのくにYOUで菜の花米が紹介されました
20060709215842.jpg

20060709220246.jpg

 5月16日NHKから、平山温泉や菜の花米生産者組合の米づくりの様子を取材に来ました。これは、平山温泉の人気と、米作りに対する取り組みが高い評価を受けているからと思われます。月末には放映されたのでご覧になられましたか?
また。6月6日にNHK大分でも放映されたそうです。平小城を多くの視聴者に観てもらえて嬉しいですね。

毎日 ありがとう 
グラウンドゴルフ協会会員、交通指導員、老人会は、学校に通う子どもたちの安全を願い、学校と連携したボランティア活動を3月より始めています。
グラウンドゴルフ協会員と交通指導員は、交差点での交通指導を、老人会は子ども達の登下校に合わせて、散歩をするなどの活動を行っています。    
 特に央区の交差点は変則で朝は子どもたちの通学が大人の出勤時間と重なるため危険を伴います。
「協会員にとっては孫の年齢に当たるため、おじいちゃん、おばあちゃんたちで孫を守ろう!というような感覚です」と グラウンドゴルフの竹下さん。これからも、よろしくお願いします。

P1010333.jpg
P1010334.jpg


田んぼの学校(食育の一環として)
平小城小学校5年生の生徒は例年、田植えや稲刈りを体験学習として授業に取り入れています。
今年も5年生13名は5月の連休に「菜の花生産者組合」の皆さんと一緒に籾種の温湯消毒を行いました。温湯消毒とは消毒薬を使わないで籾種を消毒する方法で、約58℃の中に10分入れた後、川の流水で冷やします。
その後、土を入れてある育養箱に、生徒たちは1人1枚の割り当てである140gの籾種を蒔きました。
学校では5箱を3日間預かり「芽だし」を観察。5段に重ねてあるので最初はもやし状態の白い芽が出てきますが、日光に当てると緑色になって行く過程が観察できたと思います。
今は、荒木さんの水田ですくすくと苗が生長しています。6月19日田植えの予定です。

20060709220832.jpg
温湯消毒しています。
20060709220716.jpg



ブログランキングに参加しています。ポチッと一押しお願いします。
2006.06.23 Fri 21:49:36 | 平小城だより| 0 track backs, 0 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill